会社概要

経営理念

経営理念真心のある商品を提供し、顧客の信頼を得る。
◆山本製粉株式会社 品質方針
① 山本製粉(株)は、安定成長を目指し、広く、永く、高く、社会に貢献します。
② 顧客満足と信頼を獲得するために、継統的改善を図り、安心、安全な質の高い商品を提供して参ります。
③ 全社員に、品質方針及び品質目標を理解させ、活動の実践と達成を図ります。
④ 常に消費者の側に立った物の見方を社員に根付かせ、社会責任活動に関して、今以上の信認を得るべく努力し続けます。

代表取締役社長 山本忠男

沿革

大正5年 創立者山本勇一が豊橋市下地町に製粉及び販売業を開業
昭和5年 ロール式製粉工場を新設
昭和15年 製麺工場建設
昭和21年 製麺工場建設
昭和22年 製麺工場建設
昭和36年 増産ふすま加工工場の指定
昭和37年 鉄筋5階建て製粉工場竣工
昭和39年 ラーメン工場の竣工
昭和48年 原料サイロ竣工
昭和50年 小坂井町に乾麺・ラーメン工場新設
(日産能力 8時間操業乾麺8トン)
(袋麺10万食 カップ麺7万食)
昭和54年 同地に原料サイロ新設
(主要能力3,400トン)
昭和59年 同地に鉄筋5階建て製粉工場の新設
(日産能力 120トン)
同地に鉄筋平屋建て製品倉庫新設
(建坪1,000平米)
昭和63年 乾麺自動裁断機 新型機導入
平成2年 カップ麺新型包装機及び自動箱詰め機導入
平成11年 袋ラーメン自動包装機新型機導入
平成13年 そばミックス粉製造ライン増設
平成15年 乾麺結束ライン増設
平成18年 袋ラーメンライン新型5.6P包装機(集積装置・V型包装機)
及びセットアップケーサー導入
平成19年 新型貫流式ボイラー2t 2台設置
新型貫流式ボイラー1t 2台設置
平成20年 乾麺結束自動ラインを5ライン導入
平成21年 袋ラーメン・カップ麺に新型のスープ配布機導入
カップ麺ラインに新型X線2台導入
カップ麺ラインに新型ウェイトチェッカー2台導入
平成22年 カップ麺包装ライン新型ケーサー2台導入
カップ麺新型包装機及び自動箱詰め機導入
平成23年 カップ麺新型フルカラーシュリンク包装機2台導入
倉庫・出荷の業務を委託
乾麺生産の一部を稲沢工場に移設
平成24年 製粉工場の小麦粉製造ラインに新型の殺卵機を導入
倉庫・出荷業務の一部を千葉県浦安の鈴与株式会社に委託
ミックス粉の生産を協力会社に委託
平成25年 製麺工場内の空調設備変更
平成27年 カップ麺ライン新型8連カップシール機導入
(カップめん容器145φ・180φの容器使用可能になる)
平成28年 袋ラーメンライン新型5.6P包装機(集積装置・V型包装機)

こうして、製粉・乾麺・インスタントラーメンの一貫した生産形態が完成し、さらに発展をするよう努力する所在でございます。

商品一覧

PAGE TOP